学科紹介 faculty

関西女子短期大学HOME  >  学科紹介  >  養護保健学科

養護保健学科

同じ志をもつ仲間たちと学び合い、語り合える環境が、
高度な知識と技術をもった、意欲あふれる養護教諭を育てます。

子どもたちの健康を理解し、支えられる養護教諭をめざして、あたたかな人間性や専門性を学習します。
また、学科には同じ志をもつ学生が集まっており、互いに励まし、刺激し合いながら高い意欲で学習に取り組んでいます。

関西女子短期大学のアドミッション・ポリシー(求める学生像と受け入れ基本方針)、
カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)、ディプロマポリシー(学位授与の方針)はこちらからご覧ください。

関西女子短期大学の3つのポリシー

新着情報

養護保健学科 学科長 鍵岡 正俊 教授

養護保健学科 学科長 鍵岡 正俊 教授

一生続けられるすばらしい仕事、それが養護教諭です

養護教諭は、一般に「保健室の先生」として理解されている、現在最も重要で注目される職業の一つです。
その仕事は救急処置、健康診断、疾病予防などの保健管理、保健教育、健康相談、保健室経営、保健組織活動など多岐にわたり、子どもたちの心と体の健康を守る重要な役割を果たしています。

関西女子短期大学は実学主義を徹底しながら現場に強い養護教諭の育成に努めてきました。既に1,000人を超える卒業生が養護教諭として全国で活躍しています。

ところで本学が近年特に力を入れている取り組みの一つに卒業後のフォローアップ教育があります。経験の浅い養護教諭や講師に対して、仕事上の課題や悩みをともに解決しながら、さらにレベルアップしていくための卒後教育を実施しているのです。ここでは同時に教員採用試験のための勉強会も行っています。こうした活動を在学生の正課教育と連携させ、相乗的な教育効果により現場に強い養護教諭の養成を図っています。

また、本学には例年、他大学の卒業生や社会人経験者が相当数入学しています。これは短期養成機関(2年間で養護教諭の免許を取得できる)としての短期大学の利点と本学の実績に注目した結果だと思われます。年齢や経験を超えて、ともに目標に向かって仲良く勉学に励んでいる学生たちの姿に私たち教員もファイトをかきたてられています。

やりがいある仕事を探している皆さん、どうぞ本学の門をたたいてください。

養護保健学科 学科長

鍵岡 正俊 教授


Special Contents スペシャルコンテンツ

  • 社会人入学を目指す方へ
  • 医療秘書学科が選ばれる魅力
  • 奨学金について
  • キャンパスマップ
  • 取得できる資格一覧
  • 関女の秘密
  • 関女技能オリンピック