学科紹介 faculty

関西女子短期大学HOME  >  学科紹介  >  保育学科  >  臨床保育コース

臨床保育コース

臨床保育コースの教育目標

心理学の視点から、子育ての悩みにアドバイスできる保育者を育てます。

幼稚園の先生や保育士は、子どもや保護者にとって一番身近な相談相手です。
保育とともに心理学を学ぶことで、子どものこころの問題や保護者の子育ての悩みなどについて深く理解し、適切なアドバイスができる保育者を養成します。


臨床保育コース 3つのポイント

  • point1

    心理学の視点から子育ての問題にアプローチ
    出産から幼児期までの子育てに関わるさまざまな問題について、心理学の視点から考察します。問題解決の方法やカウンセリングについて学ぶことで、子どもにも保護者にも信頼される保育者を育成します。
  • point2

    幅広い視野を育てる多彩な現場体験
    保育士が求められる現場は保育所だけでなく、地域の子育てセンターや小児科病棟など、実に多彩です。さまざまな保育の現場を体験できる機会を設けることで、幅広い視野で保育をとらえられる人材を育てます。
  • point3

    心理学を深く探究できる編入学と進学の道
    臨床心理士の資格をもつ教員による、本格的な心理学の授業を実施しています。さらに、より深く心理学を学びたい人のために併設の関西福祉科学大学科への編入学、大学院進学などの道も用意しています。

取得可能な資格

取得資格

  • ・幼稚園教諭二種免許状
  • ・保育士資格
  • ・こども音楽療育士
  • ・社会福祉主事任用資格

取得推奨資格

  • ・日本赤十字社救急法救急員認定証
  • ・上級救命講習修了証
  • ・Microsoft Office Specialist
  • ・パソコン検定

めざす進路

保育所

保育士として、0歳から小学校就学前までの子どもに、基本的な生活習慣や社会性を育みます。

幼稚園

幼稚園教諭として、主に3歳から5歳までの子どもを保育し健やかに成長できるよう支援します。

児童福祉施設

児童養護施設や知的障害児施設などのスタッフとして、子どもを保育し成長を援助します。


Special Contents スペシャルコンテンツ

  • 社会人入学を目指す方へ
  • 医療秘書学科が選ばれる魅力
  • 奨学金について
  • キャンパスマップ
  • 取得できる資格一覧
  • 関女の秘密
  • 関女技能オリンピック