大学紹介 profile

関西女子短期大学HOME  >  大学紹介  >  学長挨拶  >  学長インタビュー

学長インタビュー 学校全体が相談室

Q1.関西女子短期大学について教えて下さい。

歯科衛生士や養護教諭、保育士、幼稚園教諭、医療秘書など専門職を目指す学生が通っています。
専門職というのは誰でもなれるものではありません。本人がその気にならないとなれないのです。
本学には専門職になりたいという気持ちを持った人に来て欲しいですね。そして専門職について、一生これでいきたい、と思えるような教育をしたいと思っています。

Q2.どんな学生が多いですか?

本学の学生には、地方出身の子が多いからかもしれませんが、心優しい人が多いです。
ただ、どうして自分の能力をもっと活かしたいと思わないのか、ということは常々疑問に思っています。
優秀なのに、本人はどんどん小さくなろうとしてる。それは本人にとっても、社会にとっても損だと思うのです。
「せっかく生きてるんやから、人生エンジョイせな」「いろんなことして自分の能力を知ろう。」と。
若いうちじゃないとできないことだから。

Q3.先生と生徒の距離がとても近いですよね?

はい。ゼミの先生が卒業しても全部ゼミ生の面倒を見ています。
だから何かあったら、学生が頼ってくるんですよね。
学校全体が相談室のように、話しやすい雰囲気になっていると思います。

Q4.学生が学長室にも相談に来るそうですね?

はい。学生と話していると、本当に面白いですよ。私が住んでいる世界と、全く違う世界の話をするから。話をしていてとても面白いです。
私もゼミをやっていたので、ゼミ生から卒業後もいろんな相談を受けたり、色々な悩み事を聞きますが、その時に「それは○○したらいいんちゃう?」と軽い気持ちで言った、そんなに重要だと思っていない一言が、その人にとっては重要で立ち直るきっかけになることもあります。

Q5.大学生活の過ごし方でアドバイスはありますか?

やりたいことをしたらいいと思うんです。
大学生の時は人生で一番楽しいときなので、好きなことをしてみたらいい。その時には、つまらないと思う経験が、意外なところで役に立ってくる。本学は比較的夏休みも春休みも長いです。その休みにはいろんなことを経験して欲しいと思っています。それが、専門職になったときに役に立ちます。
専門学校はずっと専門職になるための勉強。効率はよいが、長い目で見たときに専門職としてどれだけ有能な人になるかというと、若い頃にやったつまらないことが経験に基づいて豊かな人をつくっていくと、私は思っています。だから長期の休みには、「もっと遊んで、いろいろ経験して、たくさん感動しよう。」といつも言っていますね。それがこの時期にできる、ものすごく大切なことですから。

Q6.卒業後はどんな人になってほしいですか?

本学の扱う専門職というのは、大抵「人」を相手にしています。 人はみな違いますから、人に応じて、その人の望むことをいかに提供できるか、ということが専門職なんです。そのため経験の少ない人はしんどいです。最初の2・3年はかなりしんどいと思います。しかし経験を積み、ある程度「人」がどういうものかということが理解できて、いろんな人との付き合いのなかで、「この人にはどういった対応をしたらうまくいくか」ということが分かってくる。そこからですね。その経験を自分のものにできると、専門職でやっていける人になれるでしょう。 また、ことあるごとに必ず壁にぶつかります。その時は必ず、基本に戻る。その基本を教えるのが、この大学なんです。大学を出たからと言って、すぐに専門職としてやっていけるわけではないですが、基本がちゃんとしてないとできないですから、我々は基本をしっかりと教えます。 ですから、学生にはその基本をしっかり学び、資格を取った際にはそれを自分なりにマスターして、専門職なるための勉強をして欲しい。そういう意欲を持った学生を育てようとしています。 壁にぶつかった時に、あきらめたらおしまいです。壁を乗り越えると新しい見方ができる。 それは専門職としてのステップが上がるということなんです。そして2・3年経ったらまた新たな壁にぶちあたる。繰り返しです。それをどんどんどんどん繰り返すことで、専門職としてのレベルがあがってくる。 ずっと乗り越え続けられるような人になって欲しいと思っています。

Q7.最後に、大嶋学長の好きなものを教えて下さい。

カバが好きです。
海外の動物園に観に行くほど好きですね。学長室に、私のお気に入りの本があります。
いつもこの本を見ながら学生と楽しく話をしています。


Special Contents スペシャルコンテンツ

  • 社会人入学を目指す方へ
  • 医療秘書学科が選ばれる魅力
  • 奨学金について
  • キャンパスマップ
  • 取得できる資格一覧
  • 関女の秘密
  • 関女技能オリンピック