関西女子短期大学HOME  >  学科紹介  >  3つのポリシー  >  3つのポリシー

3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

関西女子短期大学では、建学の精神「感恩」を原点として、人のために働きたいという強い情熱と高い倫理観を持ち、基本に則った専門知識と技能、さらにはそれらに裏打ちされた優れた表現力と判断力を持って、社会に貢献する人材の育成を行います。
本学では保育学科、養護保健学科、歯科衛生学科、医療秘書学科を置き、学科ごとに教育目的・目標を定めています。各学科の教育目標を達成することによって、以下の能力を身につけることをめざします。

  • 社会に貢献することができる。
  • 向上心を持ち、主体的に行動できる。
  • 自らがめざす職業を理解している。
  • コミュニケーション能力を活用できる。
  • 問題解決能力を持っている。

教育目的に沿って各学科で設定された授業科目を履修し、基準となる単位数を取得することが、卒業の必須条件となります。卒業と同時に短期大学士の学位が与えられます。
さらに、各学科の教育目標に沿った能力を身につけ、かつ所定の単位を修得することにより、それぞれの学科で目標としている資格を取得できます。

学科・コースのディプロマ・ポリシーはこちら

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

関西女子短期大学では、ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)で明記している人材の育成のために、以下の方針で教育課程(カリキュラム)を編成しています。

1)教育内容

  • 社会に貢献できる専門職になるために、高い倫理性に裏付けられた専門的な知識と技能を修得するための実習科目を設置し、ていねいで細やかな個別指導を実施する。
  • 自己成長を促す上で必要な各分野の基礎知識と技能、並びに社会人としての一般教養を身につけるため、総合教養科目、外国語科目、健康教育科目、情報教育科目、福祉教育科目からなる、共通教育科目を設置する。
  • 各学科で目標とする資格取得に必要な専門的な知識と技能を体系的に学べるように、専門教育科目、教職課程科目を設置し、資格取得に必要な能力を育てる。
  • 学生の主体的行動とコミュニケーション能力を培うために、「関女技能オリンピック」などの体験的・参加型の行事の場を提供する。
  • 社会生活を過ごす上で基本となるマナーを身につけるとともに、問題解決能力を修得するために、研究や討論を実践的に積み上げるゼミ形式の演習を実施する。

2)教育方法

  • 各科目について、到達目標、授業計画、成績評価基準・方法、事前学習・事後学習、関連学習、ディプロマ・ポリシーとの関連を明確にし、周知する。
  • 学生自らが学習時間を確保し、主体的に学習に取り組む教育方法を実施し、教育内容の定着を図る。
  • 学生は学期ごとに学修の目標設定と振り返りを行い、教員はその学生評価に基づいて学習行動の改善につなぐ。
  • 資格取得に必要な基本的な知識や技能だけでなく、最新の知識や技能を主体的に修得する能力の獲得を促すため、多様な授業形態と教育方法を取り入れて、細やかな支援を実施する。

3)教育評価

  • GPA制度を導入し、教育の質保証に向けて点検・評価・改善を行う。
  • 各科目のシラバスに定める評価方法に基づき、厳格な評価を行う。
  • 学生は「夢ノート」を利用して自己の学修を振り返り、教員は学生の自己評価に基づいて指導し、評価する。
  • ディプロマ・ポリシーの達成に向けて、学生の学習成果の全体を評価する。

学科・コースのカリキュラム・ポリシーはこちら

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ基本方針)

求める学生像

関西女子短期大学では、各学科の教育目的である専門職になることを自らが志し、学修を行うに十分な基礎学力を有し、人のために働きたいという強い情熱と高い倫理観を持ち、感謝の気持ちを持って積極的に社会に貢献しようとする人を求めます。さらに、学科ごとの特色に応じて求める学生像を定めています。

入学者に求める能力

関西女子短期大学への入学を希望する人は、下記の能力などが求められます。

  • 高等学校などまでに修得すべき知識・技能
  • 思考力・判断力・表現力などの能力
  • 主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ能力
  • 人と積極的にコミュニケーションをとろうとする意欲
  • 各学科の教育目的である専門職になることを強く希望し、その気持ちを持続する意欲

選考方法

関西女子短期大学及び各学科の求める学生像に適合する人を受け入れるために、以下の入試において、入学者に求めるもの(①、②、③、④、⑤)を多面的・総合的に評価し、選考します。なお、各評価の重みづけ(配点など)については、募集要項を参照してください。

  • ・AO入試では、書類審査、課題、特技課題(特技型のみ)により①、②を評価し、面接により①、②、③、④、⑤を総合的に評価します。
  • ・公募推薦入試では、書類審査、基礎能力試験もしくは小論文試験により①、②を評価し、面接により①、②、③、④、⑤を総合的に評価します。
  • ・特別推薦(指定校、玉手山学園ファミリー、課外活動)入試では、書類審査により①、②を評価し、面接により①、②、③、④、⑤を総合的に評価します。
  • ・一般入試では、学力検査により①を評価し、面接により①、②、③、④、⑤を総合的に評価します。
  • ・センター試験利用入試では、大学入試センター試験の成績により①、②を評価します。
  • ・社会人・学士等入試では、小論文により①、②を評価し、面接により①、②、③、④、⑤を
    総合的に評価します。

以上に加え、帰国子女入試、外国人・留学生入試を含めた多様な入試により、多様な背景を持つ人を、それぞれの特性に基づき選考します。

学科・コースのアドミッション・ポリシーはこちら


Special Contents スペシャルコンテンツ

  • 社会人入学を目指す方へ
  • 医療秘書学科が選ばれる魅力
  • 奨学金について
  • キャンパスマップ
  • 取得できる資格一覧
  • 関女の秘密
  • 関女技能オリンピック