学科紹介 faculty

関西女子短期大学HOME  >  学科紹介  >  医療秘書学科

医療秘書学科

実習を主体とした徹底した実践教育と幅広い講義を通して、現場に信頼される医療秘書を育てます。

医療秘書を育成するコースによって構成される医療秘書学科では、医療の現場で求められる高度な専門性を学習するとともに、人の健康や人生に関わる医療人にふさわしい人間性や教養を養います。

関西女子短期大学のアドミッション・ポリシー(求める学生像と受け入れ基本方針)、
カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)、ディプロマポリシー(学位授与の方針)はこちらからご覧ください。

関西女子短期大学の3つのポリシー

新着情報

医療秘書学科長メッセージ

これからの医療の現場になくてはならないのが医療秘書です。

医療機関における医療秘書の役割は益々重要になってきています。

今多くの医師や看護師が非常に厳しい状況に立たされています。高齢化が進む中で患者数は増え続け、医師不足・看護師不足が深刻化しています。一方で医療制度はどんどん変わり、事務処理にも多くの時間を取られるようになっています。

その結果、3時間も待たされたのに診療時間はわずかに3分といった形で、患者さんにしわ寄せが及んでいます。これではまさに本末転倒であり、医療秘書には多忙な医師や看護師の厳しい状況をサポートすることが期待されているのです。

医師が患者さんに十分に説明する時間を取れないのなら、そのフォローをし、患者さんの不安な気持ちを少しでも楽にできるように、医師と患者さんの仲立ち役(コミュニケーター)となるのが医療秘書です。

だから患者さんの質問をきちんと聴き、説明あるいは答えられるように医学の基礎知識を広く身につけることが要求され、医療事務についての実務的な能力も求められます。さらに病院長の秘書ともなれば、病院経営や、運営についての知識も必要となります。

だからこそ、医療秘書はやりがいのある仕事なのです。これから先、医療秘書に対するニーズはより高まり、求められるレベルもより高まっていくと考えられます。それに応えることのできる卒業生を一人でも多く育てることが私のテーマです。

医療秘書学科 学科長

後藤 隆洋 教授


Special Contents スペシャルコンテンツ

  • 社会人入学を目指す方へ
  • 医療秘書学科が選ばれる魅力
  • 奨学金について
  • キャンパスマップ
  • 取得できる資格一覧
  • 関女の秘密
  • 関女技能オリンピック