新着情報 topics

関西女子短期大学HOME  >  新着情報  >  2020年 新着情報  >  養護教諭のパワースポット-関西養護保健フォーラム通信 第177号(事務局 関西女子短期大学養護保健学科)

養護教諭のパワースポット-関西養護保健フォーラム通信 第177号(事務局 関西女子短期大学養護保健学科)2020年12月16日

 養護教諭のパワースポット-関西養護保健フォーラム通信(事務局 関西女子短期大学養護保健学科)
 (ページ下部QRコード①から過去の記事をご覧いただけます。)

 速報! 平成31年度養護教諭採用試験合格者17名!
    関女(養護)で「オコジョシ」になろう!
  「オコジョ」は、見た目との可愛さとは似つかぬ「強さ」「しなやかさ」を持つ動物です。
  関女(養護)では、オコジョのように可愛さに加え、強さ(=社会で役に立つ専門技能)を身につけることができます。
  関女(養護)で、貴女も「可愛さ」だけじゃない「オコジョシ」になろう!

 ※関西女子短期大学養護保健学科では、社会人・学士入学を希望される方をお待ちしています。
  2年間で養護教諭の免状が取得できます。看護師免許をお持ちの方、大歓迎です。
  これまでのあなたの「殻」を破って、養護教諭になろう!

  詳細は、下記をご覧ください。(ページ下部QRコード②からもご覧いただけます。)

 http://www.kwc.ac.jp/faculty/health/index.html

 http://www.kwc.ac.jp/nyushi/nyushi/society.html


養護教諭のパワースポット-関西養護保健フォーラム通信を定期購読されたい方へ

 下記まで、連絡先アドレスをお知らせください。最新号が発行されましたら、メールでお知らせします。
 本学卒業生以外の方のメールアドレス登録も大歓迎ですので、多くの先生方、養護教諭を目指している方に、ご紹介をお願いします。
 なお、本学卒業生には一斉にお知らせしますが、迷惑メールとならないよう、端末設定をお願いします。 

※連絡先アドレス送信先
 (ページ下部QRコード③からも送信できます。)

  関西女子短期大学 養護保健学科  yougo@tamateyama.ac.jp

  ※お名前、所属を必ず記載してください。

   本学卒業生は、卒業年度を必ず記載してください。

 

〇 大阪府内の小中学校では、2025年大阪・関西万博に向け、万博の歴史や国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」について学ぶ教育プログラムが、行われています。
  詳細は下記をご覧ください。

〇 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、出産後に精神的に不安定になる「産後うつ」の傾向を示す母親が増えています。
  詳細は下記をご覧ください。

〇 文部科学省は冬場の学校での新型コロナウイルス感染症対策として、衛生管理マニュアルを改訂し、全国の教育委員会などに通知しました。「常に教室の換気を行い、寒さ対策として授業中に上着を着用する」などの換気方法の例示の他、校内で感染者が出た場合の対応についても記載されています。
  詳細は下記をご覧ください(一部の記事は有料記事です)。

〇 同性愛者であることを同級生に暴露され「アウティング」の被害を受けて転落死した「一橋大院生転落死」訴訟の控訴審の判決がありました。高裁は地裁で示されなかった「アウティング」についての見解を示しています。学校現場において、LGBTQなど性に関する指導が行われるようになってきたなか、「アウティング」についても正しい知識が必要だと思います。
  詳細は下記をご覧ください。

〇 児童・生徒へのわいせつ行為で処分される教員が増加している問題を受け、性行動について逸脱した考えを持っていないかを教員自身が点検できるチェックシートを、奈良大の今井由樹子准教授(犯罪心理学)らが作成しました。
  詳細は下記をご覧ください。

〇 企業や個人が寄付した食料品等を24時間いつでも無料で受け取れる「公共冷蔵庫」と呼ばれる設備が岡山市内にできました。フードバンクは国内でも広まりつつありますが、生鮮品を取り扱う活動は珍しいとのことです。
  詳細は下記をご覧ください。

〇 「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル ~「学校の新しい生活様式」~」の改訂について
  令和2年12月3日付けで「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル ~「学校の新しい生活様式」~」が改訂されました。
  今回の改訂では、以下の5つのポイントを中心に更新されています。
  1.データやその分析の更新(p.4~p.7):児童生徒や教職員等の感染状況やその分析について、前回集計時点(6月1日~8月31日報告分)に11月25日までの感染状況を追加。同一校の5人以上及び10人以上の感染事例の分析を追加。
  2.感染拡大地域における学校教育継続の考え方について追記(p.9~p.10):特に小・中学校は、地域一斉の臨時休業は基本的には避けるべきと明記。また、中高生については、感染の状況に応じて、マスクを着用しないで行う感染リスクの高い活動を一時的に制限する対応を検討することなどを追記。
  3.冬季の対策について追記(p.20及びp.34~36):冬季でも可能な限り常時換気に努め、室温低下により健康被害が生じないよう暖かい服装を心がけることや、室温が下がりすぎないよう空き教室を活用して行う「二段階換気」等について追記。また、換気は地域に応じた方法もあることを紹介。
  4.マウスシールドについての注意喚起を追記(p.42)
  5.感染者が発生した場合の臨時休業の考え方を再整理(p.61~63):「感染者が発生したらまず臨時休業する」対応を見直し、臨時休業の要否を保健所と相談の上、真に必要な場合に限って行う旨を明記。
  詳細は下記をご覧ください。

※ご希望の方は下記のQRコード①、②、③からご確認下さい。 


前のページへ戻る

Special Contents スペシャルコンテンツ

  • 社会人入学を目指す方へ
  • 医療秘書学科が選ばれる魅力
  • 奨学金について
  •  「高等教育の修学支援新制度」施行に伴う、遠隔地学生奨学金の取り扱いについて
  • キャンパスマップ
  • 取得できる資格一覧
  • 関女WEBクラブ
  • 関女の秘密
  • 関女技能オリンピック