学校推薦型選抜(指定校)奨学金

高校時代の頑張りを評価する奨学金制度。学校推薦型選抜(指定校)の合格者のうち、本学の定める基準を満たすものに20万円を給付します。

学校推薦型選抜(指定校)の合格者が対象となる奨学金制度です。「調査書」の学習成績の状況 保育学科・医療秘書学科:3.5以上、養護保育学科・歯科衛生学科:3.8以上、総欠席日数20日以内かつ総出席日数が380日以上の合格者のうち、本学の定める基準を満たすものに対して20万円を給付します。

  奨学金内容
対象入試 学校推薦型選抜(指定校)
奨学金給付基準 (1)「調査書」の学習成績の状況 保育学科、医療秘書学科:3.5以上 養護保育学科、歯科衛生学科:3.8以上
(2) 総欠席日数が20日以内かつ総出席日数が380日以上
奨学金給付金額 20万円
  • ※学校推薦型選抜(指定校)の対象校へは、個別に案内および学校推薦型選抜(指定校)募集要項を送付しております。(5月中旬予定)。詳細については出身校でご確認ください。
  • ※総欠席日数及び総出席日数は、1年次から3年次の1学期までの期間とする。
  • ※玉手山学園ファミリー入学時奨学金との重複受給はできません。

学校推薦型選抜(公募)奨学金

入学試験の成績によって給付する奨学金制度。学校推薦型選抜(公募)基礎能力(国語)型の合格者のうち、本学の定める基準を満たすものに20万円を給付します。

学校推薦型選抜(公募)基礎能力(国語)型の合格者のうち、成績優秀者に20万円を奨学金として給付します。選考は国語総合による基礎能力試験と面接の結果および出願書類をもとに実施します。ただし、入学試験の成績については、75%以上の得点(素点)を得た者が対象です。また、学科ごとに受給者数の制限を設けています。

  奨学金内容
対象入試 学校推薦型選抜(公募)(Ⅰ期、Ⅱ期)
奨学金給付基準 (1)基礎能力(国語)型で受験 (2)入試成績上位者で75%以上の得点(素点)
奨学金給付金額 20万円
選考区分 各学科別人数 合計
保育学科 養護保健学科 歯科衛生学科 医療秘書学科
Ⅰ期 6名以内 4名以内 6名以内 4名以内 20名以内
Ⅱ期 2名以内 2名以内 2名以内 2名以内 8名以内
  • ※玉手山学園ファミリー入学時奨学金との重複受給はできません。

大学入学共通テスト利用選抜奨学金

入学試験の成績によって給付する奨学金制度。大学入学共通テスト利用選抜の合格者が本学へ入学した場合、成績優秀であった者(各学科成績上位者:Ⅰ期1名以内、Ⅱ期1名以内)であり、かつ、大学入学共通テストの成績について60%以上の成績を取得した者が対象です。

大学入学共通テスト利用選抜の合格者のなかで成績が優秀であった者(各学科成績上位者:Ⅰ期1名以内、Ⅱ期1名以内)が本学に入学した場合、20万円を奨学金として給付します。但し、大学入学共通テストの成績については60%以上の成績取得者に限ります。なお、大学入学共通テスト結果より各学科等の必須科目に加え、高得点だった1科目を加えた計2科目の合格点で判定します。

  奨学金内容
対象入試 大学入学共通テスト利用選抜
対象人数 各学科成績上位者:Ⅰ期1名以内、Ⅱ期1名以内
奨学金給付基準 入試成績上位者で学力試験の成績60%以上の得点(素点)
奨学金給付金額 20万円
  • ※本学独自の試験は行いません。
  • ※玉手山学園ファミリー入学時奨学金との重複受給はできません。

一般選抜奨学金

入学試験の成績によって給付する奨学金制度。一般選抜の合格者のうち、成績優秀かつ入学試験の成績について60%以上の得点(素点)を得た者が対象です。学科ごとに受給者数の制限を設けています。

一般選抜の合格者のうち、成績優秀者に20万円を奨学金として給付します。ただし、入試の成績については、60%以上の得点(素点)を得た者が対象です。選考は試験および面接の結果をもとに実施します。また、学科ごとに受給者数の制限を設けています。

  奨学金内容
対象入試 一般選抜(Ⅰ期、Ⅱ期)
奨学金給付基準 入試成績上位者で学力試験の成績60%以上の特典(素点)
奨学金給付金額 20万円
選考区分 各学科別人数 合計
保育学科 養護保健学科 歯科衛生学科 医療秘書学科
Ⅰ期 3名以内 1名以内 2名以内 1名以内 7名以内
Ⅱ期 1名以内 1名以内 1名以内 1名以内 4名以内
  • ※玉手山学園ファミリー入学時奨学金との重複受給が可能です。

学校推薦型選抜(課外活動)奨学金

高校時代の頑張りを評価する奨学金制度。「調査書」の学習成績の状況が3.0以上で学校長の推薦を受け、入学後ハンドボール部、吹奏楽部もしくはバレーボール部へ入部される方が対象です。受験生の高等学校在籍時の活躍(成績)によって給付額が異なります。

学校推薦型選抜(課外活動)奨学金は、受験生の高等学校在籍時のハンドボール部、吹奏楽部、もしくはバレーボール部での活躍(成績)によって給付金額が決定する奨学金制度です。以下の基準に応じた奨学金を給付します。(ただし、「調査書」の学習成績の状況が3.0以上、かつ学校長の推薦を受けた者で、本学入学後1年次より必ず入部し活動を継続できる者)

1人当りの給付額 給付基準(ハンドボール)
30万円 九州・四国・中国・近畿・東海・北信越・関東・東北・北海道の各地区ブロック大会において
ハンドボールベスト8入賞、全国大会出場、各都道府県国体選抜選手および候補選手
20万円 九州・四国・中国・近畿・東海・北信越・関東・東北・北海道の各地区ブロック大会に出場
10万円 都府県大会又は、それに準ずる大会においてハンドボールベスト16入賞
1人当りの給付額 給付基準(吹奏楽)
30万円 九州・四国・中国・近畿・北陸・東海・東京・関東・東北・北海道の支部大会において金賞受賞
20万円 府県大会において金賞受賞、かつ府県代表に選出
10万円 府県大会において金賞受賞
1人当りの給付額 給付基準(バレーボール)
30万円 九州・四国・中国・近畿・東海・北信越・関東・東北・北海道の各地区ブロック大会においてバレーボールベスト8入賞
20万円 九州・四国・中国・近畿・東海・北信越・関東・東北・北海道の各地区ブロック大会に出場
10万円 都府県公立・私立高校大会又は、それに準ずる大会においてバレーボールベスト8入賞
  • ※「ハンドボール」「バレーボール」については、チームとしての戦績が上記基準に満たない場合においても、個人として素質に恵まれ、かつ入学後、本学のクラブ活動を通じてその成長と活躍が充分に期待できる者に対し、本学規定に基づき奨学金を給付する場合があります。詳細は、本学入試広報部(TEL:072-978-0640)へご確認ください。
  • ※学習成績の状況が3.0以上の方が対象となります。玉手山学園ファミリー入学時奨学金との重複受給はできません。
  • ※給付基準の詳細については、入試広報部(TEL:072-978-0640)にお問い合わせください。

社会人・学士等選抜奨学金

もう一度勉強したいと願う社会人や四年制大学、短期大学卒業生を応援する奨学金制度。社会人・学士等選抜のすべての合格・入学手続き者に20万円を給付します。また2年次以降の成績を考慮のうえ、在学期間の2年間(歯科衛生学科は3年間)に年額20万円を給付します。

社会人・学士等選抜において、すべての合格・入学手続き者に20万円を給付し、かつ在学期間の2年間(歯科衛生学科は3年間)に年額20万円を給付します。なお、2年次以降の給付は前年度学内成績(取得単位数)等により決定します。

  • ※玉手山学園ファミリー入学時奨学金との重複受給はできません。
  • ※特別奨学生と重複する場合は、特別奨学生の奨学金のみ給付。
  • 社会人入学のススメ

    あなたは現在の状況や年齢を考えて、やりたかったことをあきらめていませんか? 関西女子短期大学は、もう一度勉強したいと願う、社会人、もしくは4年制大学、短期大学、専門学校を卒業(卒業見込)した方で、「有益な資格を取りたい!」と考える方を応援しています。関西女子短期大学では、2年間(3年間)という短い期間でその後の人生に有益な資格を取得することができます。奨学金制度を利用して、あなたも今後のスキルアップのために新しい道への第一歩を、関西女子短期大学から踏み出しましょう。

遠隔地学生奨学金

遠方より本学を目指す受験生への経済的支援を目的とした奨学金制度。遠隔地から入学する人(25名以内)が対象です。申請条件を満たした方から選考を行い、採用候補者を決定します。2年次以降は前年度成績等から、給付継続の可否を判定します。

関西で想いを実現したいあなたを応援! 多くの先輩がこの奨学金を活用しています!

遠隔地学生奨学金は以下の1~4の申請資格を満たし入学された方、25名以内に月額3万円を給付します。申請後、選考を行い採用候補者を決定します。また、原則2年間(歯科衛生学科は3年間)の受給が可能ですが、2年次以降は前年度学内成績(取得単位数)等により給付継続の可否を判定します。

  • 保護者が以下に示す地域に在住する受験生で本学に入学後、下宿(アパート等での一人暮らしを含む)あるいは本学の学生寮(女子寮)に入寮する者。
  • 高等学校または中等教育学校を2022年3月に卒業した者または2023年3月に卒業見込みの者。
  • 受験生が在籍または在籍していた高等学校または中等教育学校から提出される調査書の学習成績の状況※が「3.0以上」である者。
    ※卒業見込み者は最終学年の1学期または前期までの値、卒業生は3学期または後期までの値とする。
  • 父・母(収入が多い者)の「2022年度の所得証明書(2021年1月1日~2021年12月31日の所得がわかるもの)」に記載された給与・年金収入金額、その他・事業所得金額が以下の者。
    ・給与・年金収入金額【課税前】が800万円未満。
    ・その他・事業所得金額が350万円未満。

 申請期間
I期:2022年9月1日(木)~11月4日(金)【消印有効】
II期:2023年1月5日(木)~1月27日(金)【消印有効】

遠隔地学生奨学金 対象地域

北海道地方、東北地方、関東地方、中部地方、中国地方、四国地方、九州・沖縄地方
関西地方 兵庫県 新温泉町、香美町、豊岡市、養父市、朝来市、宍粟市、佐用町、上郡町、赤穂市、相生市、たつの市、太子町、
市川町、神河町、多可町、西脇市、丹波市、淡路市、洲本市、南あわじ市、姫路市夢前町、姫路市家島町
京都府 京丹後市、伊根町、与謝野町、宮津市、福知山市、舞鶴市、綾部市、京丹波町、南丹市美山町
奈良県 曽爾村、御杖村、東吉野村、川上村、黒滝村、天川村、上北山村、下北山村、十津川村、野迫川村、
五條市大塔町
和歌山県 有田市、湯浅町、有田川町、紀美野町、由良町、広川町、日高川町、日高町、美浜町、御坊市、印南町、
みなべ町、田辺市、上富田町、白浜町、すさみ町、古座川町、串本町、太地町、那智勝浦町、新宮市
滋賀県 長浜市、米原市、多賀町、愛荘町、高島市マキノ町、高島市朽木
三重県 いなべ市、桑名市、木曽岬町、東員町、朝日町、川越町、菰野町、四日市市、鈴鹿市、志摩市、南伊勢町、
度会町、大紀町、大台町、紀北町、尾鷲市、熊野市、御浜町、紀宝町
  • ※なお、上記申請資格は、奨学金の「採用候補者」の選定に必要となる条件です。奨学金を受給するためには、本学が実施する入学試験(学校推薦型選抜(指定校)、学校推薦型選抜(課外活動)、総合型選抜(AO)、総合型選抜(園・施設推薦)、総合型選抜(玉手山学園ファミリー)、学校推薦型選抜(公募)、一般選抜、大学入学共通テスト利用選抜)を受験し、入学することが条件となります。
  • ※詳細については、「遠隔地学生奨学金募集概要」をご確認ください。
  • ※学生寮については、部屋数に限りがあります。

玉手山学園ファミリー入学時奨学金

学校法人玉手山学園の卒業生や、卒業生・在学生の血縁者を対象にした奨学金制度です。入学後申告することで、給付条件を満たしたすべての者に10万円を奨学金として給付します。

学校法人玉手山学園の卒業生や、卒業生・在学生の血縁者を対象にした奨学金制度です。入学後申告することで、以下の(1)から(3)のいずれかの給付条件を満たしたすべての者に10万円を奨学金として給付します。

  • (1)学校法人玉手山学園が設置する学校・園の①卒業生②卒業生の親③卒業生の子④卒業生の孫⑤卒業生の姉妹が、本学へ入学した場合
  • (2)学校法人玉手山学園が設置する学校・園の①在学生の親②在学生の子③在学生の孫④在学生の姉妹が、本学へ入学した場合。
  • (3)学校法人玉手山学園が設置する学校・園に(1)(2)に該当しない姉妹が、複数同時に入学した場合(一人を除く姉妹について給付します。)

大学修学資金貸与奨学金制度

学業・人物ともに優秀でありながら家計の急変によって経済的に修学が困難となった学生を対象にした奨学金制度です。

学業・人物ともに優秀でありながら家計の急変によって経済的に修学が困難となった学生を対象にした奨学金制度です。学業の継続を支援するため、無利子で奨学金を貸与します。

日本学生支援機構奨学生第一種

本学が独自で運営している奨学金制度以外に、日本奨学生支援機構による「日本学生支援機構奨学生」などの貸与型の奨学金制度があります。

名称 貸与額(月額) 種類
日本学生支援機構奨学生第一種 ※自宅外通学 2万円、3万円、4万円、5万3千円から本人が選択 貸与(無利子)
※自宅通学 2万円、3万円、4万円、5万円、6万円から本人が選択

※:なお、申し込み時における家計支持者の年収が一定額以上の方は、各区分の最高月額以外の月額から選択することになります。

日本学生支援機構奨学生第二種

本学が独自で運営している奨学金制度以外に、日本奨学生支援機構による「日本学生支援機構奨学生」などの貸与型の奨学金制度があります。

名称 貸与額(月額) 種類
日本学生支援機構奨学生第二種 2万円〜12万円(1万円単位)から選択 貸与(有利子)

国の教育ローン(日本政策金融公庫)

本学が独自で運営している奨学金制度以外に、「国の教育ローン」などの貸与型の奨学金制度があります。

名称 融資額 返済期間
国の教育ローン
(日本政策金融公庫)
300万円以内
※在学中の措置期間は利息のみのご返却
15年以内
(交通遺児家庭または母子家庭の方は18年以内)