faculty

さまざまな医療現場で
活躍できる医療従事者を育てます。

病院や医院の受付や会計で活躍する医療秘書は、医療費の計算をはじめ医療施設の運営面を支える大切な役目を担っています。医療や医療事務に関わる専門知識や技術を修得し、最初に患者さまと接する病院の顔にふさわしいマナーや心のこもった対応ができる能力を培い、さらに社会人としての教養を身につけます。医療秘書は医療機関は勿論、一般企業でも活躍できる人を育てます。

  • 医療秘書学科

    専門知識や技術、そして豊かな教養を身につけた
    エキスパートとしてさまざまな医療現場で
    必要とされる医療従事者を育成します。

    ●Point.1
     医療に関わる多様な知識と秘書としての実務能力を修得
    ●Point.2
     秘書としての技能を実証する資格・検定取得をサポート
    ●Point.3
     動物介在療法課程修了認定証を取得可能

在学生の声

医療秘書学科 森田 紗弥(もりた さや)

森田 紗弥

|関女を知ったきっかけ、入学した理由を教えてください。

 医療事務に少し興味があったので、高校の先生に相談したところ、関女の医療秘書学科のことを教えていただきました。母と相談して、自宅からも近いので入学しました。


|現在、どのようなことを学んでいますか?

 接遇・マナー、診療報酬請求事務、電子カルテ演習など医療事務に必要な実務のほか、医学入門、栄養学、介護保険概論など、医学知識や医療制度についても学んでいます。


|将来の夢は?

 患者さんに安心していただける応対ができる医療秘書になりたいです。また、後輩から相談しやすいと思ってもらえるようになりたいです。


|どんなサークルやアルバイトをしていますか?

【アルバイト】
 カフェでのアルバイトを通して、コミュニケーション力を磨いています。

【サークル】
 関女コミュニティサークル 
 私たちはコロナ禍の中、入学し、同級生との交流もままなりませんでした。そこで、少しでも交流をと同級生とともに立ち上げました。


|高校生へアドバイス

 分からないところは分かるまで教えてくださる先生方が沢山おられて、慣れたらとても楽しい学校です!


医療秘書学科 浅井 千夏(あさい ちなつ)

浅井 千夏

|関女を知ったきっかけ、入学した理由を教えてください。

 将来、医療関係の仕事に就きたいと考えていた時、担任の先生に、「医療にはこういう仕事もあるよ」と教えてもらい、医療事務について知りました。
 病院は、お医者さん、看護師さん、作業療法士さん、理学療法士さん、といったイメージが強く、医療事務はあまり注目されにくいかもしれません。しかし、「病院にとって必要な存在なんだ!」と知り、医療事務について学んでみたいと思いました。


|現在、どのようなことを学んでいますか?

 今は医療秘書(医療事務職)になるために、秘書の勉強と医療事務のことについて学んでいます。
 秘書の勉強は、来客時のお茶の出し方、電話応対などを学んでいます。普段は結構できていると感じていた電話応対なども、しっかり学んでみると、「このようなことも大切だったんだ」と感じることが多くあります。
 医療事務の勉強は、医療費算定や医療制度など専門知識を学んでいます。医療機関を受診した時によく耳にする初診、再診という言葉についても、また、初めて聞く専門用語についても色々知ることができて楽しいです。


|将来の夢は?

 将来、私は患者さんだけでなく、病院で一緒に働く人たちからも頼られる医療従事者になりたいと考えています。
 病院といえば、明るいイメージはあまりないですが、不安があって来院された患者さんも、そして、病気が完治して帰られる患者さんも安心して家に帰っていただけるように笑顔で「お大事に」と言えるように心がけたいです。
 そのためにも、患者さんだけでなく、病院で働くすべての方に気配りができるようになりたいと考えています。


|どんなサークルやアルバイトをしていますか?

 私は飲食店でバイトしています。連日、お待ちのお客さんがおられ、とても忙しいのですが、お客様が笑顔で帰られるのを見ると嬉しくなります。
 また、アルバイトをしてから、働く側の大変さを初めて知ることができたことはとてもいい経験だと感じています。


|高校生へアドバイス

 高校では、みんなが同じような勉強をして、特定の専門知識を学べなかったという人も多いと思います。でも、大学では、自分が選んだ進路で、学びたいことを自分で選んで学び、そして、学びたいだけ学べます。私は勉強があまり好きではないですが、学びたいことを学べるというのは思ったより、とても楽しいです。
 将来やりたいことがなく、どの進路を進めばよいのか、わからず迷っている人もいるかもしれません。しかし、専門学校と違って、大学は必ずその進路に進まないといけないわけではないので、大学に行ってからでも、自分の好きなことについて考えることができます。
 私自身も、大学進学後、医療の仕事とブライダルの仕事、どちらも興味があり、どちらも諦めることなく、就職活動ではどちらもチャレンジすることができました。
 皆さんも、後悔しない道を、しっかり考えて、選んでください!


主な使用施設について

秘書実習室



541教室



関女のおすすめポイント!

詳しく見る

- KANSAI WOMEN'S COLLEGE -
(学校法人 玉手山学園)

〒582-0026 大阪府柏原市旭ケ丘3丁目11-1