関西女子短期大学HOME  >  学科紹介  >  3つのポリシー  >  カリキュラム・ポリシー

3つのポリシー

保育学科

総合保育コース 臨床保育コース

保育学科では、ディプロマ・ポリシーで明記している幼稚園教諭及び保育士として必要な能力を修得するために、以下の方針で教育課程(カリキュラム)を編成しています。

1)教育内容

  • 幼稚園教諭及び保育士として必要な態度や実践力を身につけるため、実習科目(保育実習Ⅰ(保育所)など、11科目)を設置する。
  • 幼稚園教諭及び保育士としての使命や責任を理解するために、専門基礎科目(教育原理など、7科目)を設置し、ボランティア活動への参加を奨励する。
  • 幼児教育や保育の現場で子どもと関わるために必要な知識及び技能を身につけるために、5領域と表現技能に関する専門教育科目及び教職課程科目(ピアノⅠなど、22科目)を設置する。
  • 幼稚園教諭及び保育士として求められる教養と、コミュニケーション能力及び協働性を身につけるために、共通教育科目(スポーツⅠなど、20科目)と参加型のゼミ形式の演習(基礎演習Ⅰなど、4科目)を設置する。また、「保育フェスタ」「関女技能オリンピック」「スポーツ大会」などの体験的・参加型の行事を実施する。
  • 幼児教育や保育の現場で求められる問題解決能力を身につけるために、子どもの理解と福祉に関する専門教育科目及び教職課程科目(保育の心理学Ⅰなど、26科目)を設置する。
  • コース別の推奨科目として、総合保育コース3科目、臨床保育コース4科目を設置する。

2)教育方法

  • シラバスに到達目標、授業計画、成績評価基準・方法、事前学習・事後学習、関連学習、ディプロマ・ポリシーとの関連について明記するとともに、最初の授業において、各科目のオリエンテーションを行い周知する。
  • 小テストの実施やラーニング・ポートフォリオの作成を通じて、学習時間の確保及び学習行動の改善に向けた取組を推進し、教育内容を確実に定着させる。
  • 学生は、夢ノート及び履修カルテを活用して学修の目標設定と自己評価を行い、教員は学生の自己評価に基づいて指導する。
  • 公立の幼稚園教諭及び保育士になるための公務員試験対策講座を学内で実施し、模擬試験の受験機会など、合格に向けた支援を行う。

3)教育評価

  • GPA制度を導入し、教育の質保証に向けて点検・評価・改善を行う。
  • 各科目のシラバスに定める評価方法に基づき、厳格な評価を行う。
  • 学生は「夢ノート」を利用して自己の学修を振り返り、教員は学生の自己評価に基づいて指導し、評価する。
  • ディプロマ・ポリシーの達成に向けて、学生の学習成果の全体を評価する。

養護保健学科

養護保健学科では、ディプロマ・ポリシーで明記している学校教員として必要な能力を修得するために、以下の方針で教育課程(カリキュラム)を編成しています。

1)教育内容

  • 教員として豊かな人間性と規範意識を身につけ、社会に貢献する能力を養成するために実習科目(教育実習など、2科目)と教職実践演習(中学校など、2科目)を設置し、社会に貢献できる専門職になるためにていねいで細やかな個別指導を実施する。
  • 教員としての使命感を持ち、学び続ける能力を獲得するために、共通教育科目(現代と法など、20科目)並びに教職課程科目(教師論など、14科目)と採用試験対策科目(特別講義Ⅰなど、4科目)を設置する。
  • 養護に関する基本的な知識や技能、並びにそれらに裏打ちされた表現力と判断力を身につけるとともに、養護教諭の職務を理解するために、専門教育科目(専門基礎科目(養護概論など、10科目)と専門科目(看護技術Ⅰなど、19科目))を設置する。
  • 優れたコミュニケーション力を修得し、学校・家庭・地域などとの連携・協働を行う能力を育むため、「関女技能オリンピック」やボランティア活動などの体験的・参加型の場を提供する。
  • 健康情報を適切に収集し、活用することができる能力を獲得するために、研究や討論を実践的に積み上げる参加型のゼミ形式の演習(基礎演習I など、4科目)を実施する。

2)教育方法

  • シラバスに到達目標、授業計画、成績評価基準・方法、事前学習・事後学習、関連学習、デイプロマ・ポリシーとの関連について明記するとともに、最初の授業において各科目でオリエンテーションを行い周知する。
  • 小テストやレポート提出並びにゼミにおけるディスカッションやプレゼンテーションにより学習時間の確保や学習内容の定着を図る。
  • 学生は夢ノートや履修カルテを活用して学期ごとに学修の目標設定と自己評価を行い、教員は学生の自己評価に基づいて指導する。
  • 公立学校の養護教諭になることを目的に、教員採用試験対策の授業を1年次より編成し、専門科目の修得と外部テストなどへの応用を図る。

3)教育評価

  • GPA制度を導入し、教育の質保証に向けて点検・評価・改善を行う。
  • 各科目のシラバスに定める評価方法に基づき、厳格な評価を行う。
  • 学生は「夢ノート」を利用して自己の学修を振り返り、教員は学生の自己評価に基づいて指導し、評価する。
  • ディプロマ・ポリシーの達成に向けて、学生の学習成果の全体を評価する。

歯科衛生学科

歯科衛生学科では、ディプロマ・ポリシーで明記している歯科衛生士として必要な能力を修得するために、以下の方針で教育課程(カリキュラム)を編成しています。

1)教育内容

  • 歯科衛生士として豊かな人間性を身につけ、社会に貢献する歯科衛生士としてふさわしい能力を獲得するために、少人数で行うゼミ形式の演習(基礎演習 I など、6科目)と臨地実習(臨地実習I~Ⅲ)並びに臨床実習を設置する。
  • 歯科衛生士として必要な最新の知識と技能を修得する意欲を身につけるために、共通教育科目(心理学など、9科目)と方法論(歯科予防処置方法論Ⅰなど、12科目)、臨地実習、臨床実習の3形式の実習を設置する。
  • 歯科衛生士として必要な基本的な知識と技能を修得するために、専門教育科目(解剖学・口腔解剖学など、35科目)を設置する。
  • 身につけた口腔保健の知識を、相手の人間性を尊重して正しく伝え、理解させる能力を獲得するため、「関女技能オリンピック」や「研究発表会」などの体験的・参加型の行事や学外での臨地実習と臨床実習を設置する。
  • 歯科医療の現場で直面する問題を解決する能力を修得するために少人数で行うゼミ形式の演習と学外での臨地実習と臨床実習を設置する。

2)教育方法

  • シラバスに到達目標、授業計画、成績評価基準・方法、事前学習・事後学習、関連学習、デイプロマ・ポリシーとの関連について明記するとともに、最初の授業において各科目でオリエンテーションを行い周知する。
  • 小テストの実施やレポートなどの課題提示により学生自らが学習時間を確保し、主体的に学習に取り組む教育方法を実施し、教育内容の定着を図る。
  • 学生は夢ノートを活用して学期ごとに学修の目標設定と自己評価を行い、教員は学生の自己評価に基づいて指導する。
  • 資格取得に必要な基本的な知識や技能だけでなく、最新の知識や技能を主体的に修得する能力の獲得を促すため、多様な授業形態と教育方法を取り入れて、細やかな支援を実施する。

3) 教育評価

  • GPA制度を導入し、教育の質保証に向けて点検・評価・改善を行う。
  • 各科目のシラバスに定める評価方法に基づき、厳格な評価を行う。
  • 学生は「夢ノート」を利用して自己の学修を振り返り、教員は学生の自己評価に基づいて指導し、評価する。
  • ディプロマ・ポリシーの達成に向けて、学生の学習成果の全体を評価する。

医療秘書学科

医療秘書学科では、ディプロマ・ポリシーで明記している医療秘書士として必要な能力を修得するために、以下の方針で教育課程(カリキュラム)を編成しています。

1)教育内容

  • 医療秘書という職業を通じて社会に貢献できる能力を養成するため、医療秘書総合実習と医療秘書病院実習などの実習科目を設置する。
  • 医療秘書として常に新しい知識や技能を修得する意欲を取得するため、共通教育科目(コンピュータ基礎Ⅰなど、22科目)を設置する。
  • 医療秘書に関する基本的な知識や技能を修得するため、専門教育科目として医学系(人体構造・機能論Ⅰなど、11科目)、医療秘書実務系(医療秘書概論など、21科目)、医療情報管理系(医療文書管理など、8科目)と福祉基礎科目(医療と福祉など、6科目)を設置する。
  • 医療の現場で必要なコミュニケーション能力を養うため病院実習と特別講義を設置するとともに、「関女技能オリンピック」などの体験的・参加型の行事の場を提供する。
  • 医療現場で直面する問題を解決する能力を養成するため、少人数で行うゼミ形式の演習(基礎演習Ⅰなど、4科目)と病院実習を設置する。

2)教育方法

  • シラバスに到達目標、授業計画、成績評価基準・方法、事前学習・事後学習、関連学習、ディプロマ・ポリシーとの関連について明記するとともに、最初の授業において各科目でオリエンテーションを行い周知する。
  • 講義形式のほか、実践力を養うために演習及び実習科目を開講する。
  • 学生は夢ノートを活用して学修の目標設定と自己評価を行い、教員は学生の自己評価に基づいて指導する。
  • 秘書技能検定、医療秘書技能検定、医事コンピュータ技能検定ほか、関連する検定試験受験を推奨し、適宜対策講座を開講する。

3)教育評価

  • GPA制度を導入し、教育の質保証に向けて点検・評価・改善を行う。
  • 各科目のシラバスに定める評価方法に基づき、厳格な評価を行う。
  • 学生は「夢ノート」を利用して自己の学修を振り返り、教員は学生の自己評価に基づいて指導し、評価する。
  • ディプロマ・ポリシーの達成に向けて、学生の学習成果の全体を評価する。

Special Contents スペシャルコンテンツ

  • 社会人入学を目指す方へ
  • 医療秘書学科が選ばれる魅力
  • 奨学金について
  • キャンパスマップ
  • 取得できる資格一覧
  • 関女WEBクラブ
  • 関女の秘密
  • 関女技能オリンピック