学科紹介 faculty

関西女子短期大学HOME  >  学科紹介  >  医療秘書学科  >  教員紹介  >  泉 浩実

泉 浩実

教員詳細

名前 泉 浩実(いずみ ひろみ)
職名 准教授
最終学歴 藤田保健衛生大学大学院保健学研究科
医療経営情報学領域(2014年修了)
学位 保健学修士
担当科目 人体構造・機能論Ⅰ・Ⅱ、臨床検査概論、栄養学、特別講義Ⅰ、感染症の基礎、基礎演習Ⅰ・Ⅱ、研究演習Ⅰ・Ⅱ
専門分野 臨床検査学

[専門分野について]
臨床検査には、人間の身体から得られた血液や尿など検体の検査と、心電図や超音波画像といった身体から直接情報を得る生理検査があり、その人の状態を科学的に分析するための数値や画像を示してくれます。そして、病気の診断や健康診断に活用されます。基準値と照らし合わせて判断したり、データの変化をみたりして、治療においてもとても重要なものです。人体の構造や仕組みと関連させながら考えることが必要です。
教育・研究実績 (著書)
・「将来構想計画に係る本コース学生のキャリア支援についての基礎的研究」関西女子短期大学紀要第21号(2011年)(共著)
・「学生による授業評価アンケートからみた学修時間と理解度」第52回日臨技関西支部医学検査学会(2012年)
・「短期大学における医療人基礎力育成のためのコンピテンシーモデル構築」日本医療秘書学会学会誌10(1):56-57,2013
・「診療情報管理士育成のためのコンピテンシーモデル構築の試み」診療情報管理雑誌25(2):300,2013

教育上の能力に関する事項

教育方法の実践例 -
作成した教科書、教材 -
実務の経験を有する者についての特記事項 -
その他 -

職務上の実績に関する事項

資格、免許
・栄養士免許
・管理栄養士登録
・臨床検査技師免許
特許等 -
実務の経験を有する者についての特記事項
(講演・発表等)抜粋
・当院における輸血療法委員会の役割と輸血科業務、第48回日本輸血学会(2000年)
・廃棄血削減のための当院における取り組み-一元化から4年間の成果-、第51回日本輸血学会(2003年)
・日常生活からがん予防を考える(司会・進行)、第5回府民健康フォーラム2009-私たちの暮らしと薬・検査・栄養-
・エビデンスに基づく-臨床疫学の重要性-(企画・運営・総合司会)、第59回日本医学検査学会(2010年)スキルアップ研修/健康食品管理士部門
・糖尿病ケアチームに参画して-自己血糖測定指導を経験して-、第44回日臨技関西支部医学検査学会(2004年)
・第5回アジア臨床検査委研修に参加して-タイ国で学ぶ意義について-、第46回日臨技関西支部医学検査学会(2006年)
・糖尿病教室(集団指導)の効果的な開催方法とは.(講師)、第48回日臨技関西支部医学検査学会(2008年)チーム医療実践セミナー/糖尿病療養指導部門:行列が出来る糖尿病教室の作り方
 
(論文)
・「全自動酵素免疫測定機器「COBAS COREII」による血清中PSA測定の基礎的検討」大阪警察病院医学雑誌,21:137-142,1997.
・「生涯教育研修制度の新たな試み 第1報-放送大学大阪地域学習センターに集団入学して-」医学検査雑誌,44(2):197-201,1995.(共著)
・「生涯教育研修制度の新たな試み 第2報-放送大学大阪地域学習センターに集団入学し、2年を経過して-」医学検査雑誌,44(11):1723-1726,1995.(共著)
・「手話講座を開講して 第1報」医学検査雑誌,47(5):923-927,1998(共著)
・「検査における手話」医学検査雑誌,48(7):1144-1146,1999.(共著)
・「検査における手話 その2」医学検査雑誌,49(6):980-982,2000.(共著)
・「検査における手話 その3」医学検査雑誌,50(11):1477-1480,2001.(共著)
その他 -

学生へのメッセージ

医療界は医師をはじめとする看護、薬剤、検査などの専門職の集まりです。医療秘書は専門家としての技能に限らず、各分野にまたがる広い知識とコミュニケーション力が求められます。「おだいじに」、「ありがとう」のように温かい会話を交わしながら患者様に寄り添い、周りの医療スタッフをサポートする医療秘書は、奥深くやりがいがあり、楽しい仕事といえるでしょう。「できる事務スタッフ」めざして頑張ってほしいと思います。

教員一覧へ戻る

Special Contents スペシャルコンテンツ

  • 社会人入学を目指す方へ
  • 医療秘書学科が選ばれる魅力
  • 奨学金について
  • キャンパスマップ
  • 取得できる資格一覧
  • 関女WEBクラブ
  • 関女の秘密
  • 関女技能オリンピック