学科紹介 faculty

関西女子短期大学HOME  >  学科紹介  >  養護保健学科  >  教員紹介  >  大西 宏昭

大西 宏昭

教員詳細

名前 大西 宏昭(おおにし ひろあき)
職名 教授
最終学歴 大阪大学歯学部歯学科(1981年修了)
学位 歯学士
担当科目 保健学概論、衛生学・公衆衛生学(予防医学を含む)、特別講義Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、基礎演習Ⅰ・Ⅱ、研究演習Ⅰ・Ⅱ、社会人養成演習〜感恩〜
専門分野 公衆衛生学、口腔衛生学、小児歯科学

[専門分野について]
「公衆衛生学」では、「個々の人」ではなく、「地域」「社会」に着目して、人々の心と体の健康と福祉を守る社会の制度・仕組みと機能を学ぶとともに、養護教諭に必要な「学校全体の健康課題」を的確に把握し、「組織的」に課題解決する能力の獲得を目指して講義します。
「口腔衛生学」では、「小児歯科学」の臨床・研究実績を踏まえ、生涯を通じて楽しく食べるための原点となる小児期の歯と口の健康づくりを、小児の健全な育成の観点から講義します。
教育・研究実績 大阪府内地区歯科医師会会員、府内市町村等勤務歯科衛生士等に対して、地域歯科保健施策の企画・実施・評価について専門的・技術的指導を行うとともに、その成果を共同で学会誌への投稿、学会発表し、研究助成金を受けたことがある。

教育上の能力に関する事項

教育方法の実践例
・大阪府立看護短期大学、助産師養成施設において、歯科保健医療に関する知識を医科歯科連携の観点から講義。
・大阪府立看護大学医療技術短期大学部歯科衛生学科にて、地域歯科保健活動論を講義。
・関西福祉科学大学免許法認定講習講師として、衛生学・公衆衛生学を講義
・広島大学歯学部において、客員教授として、歯科保健医療に関する公衆衛生学的課題と対策を総論的に講義(現在)
・相愛大学人間発達学部発達栄養学科において、非常勤講師として、管理栄養士を目指す学生に対して、公衆衛生学を講義(現在)
作成した教科書、教材
・地域歯科保健における歯周病予防の取り組み(公衆衛生:2007年5月)
・食育と学校歯科保健について(大阪府学校歯科医会雑誌:2007年11月)
・在宅等療養者の口腔機能維持管理のための地域連携ガイドライン(分担執筆)(大阪府:2013年3月)
・最近の歯科口腔保健医療の動向と歯科衛生士の役割(全国大学歯科衛生士教育協議会雑誌:2014年3月)
・北播磨歯周病予防ドリル -中学生・高校生用歯科保健教材-(兵庫県加東健康福祉事務所:2019年3月)
・北播磨歯科保健教材 -中学生・高校生用歯科保健教材-(兵庫県加東健康福祉事務所:2019年3月)
実務の経験を有する者についての特記事項
・「ワークショップ 21世紀社会の歯科衛生士を考える」を開催(2008年)
・医科大学5年次学生に対する公衆衛生実習(保健所実習)を担当(2011年)。
・歯の健康力推進歯科医師等養成講習会講師(兵庫県歯科医師会 :2012年10月)
・能勢町民まちづくり討議会講演講師(2015年2月)
・池田保健所管内給食研究会総会特別講演講師(2015年5月)
・兵庫県内行政歯科衛生士業務研修会(2015年8月)
・岡山県歯科保健関係推進研修講師(2015年10月)
・関西女子短期大学公開講座講師(2016年6月)
・NPO「口に関連する顔の健康づくりフォーラム」歯科衛生士研修講師(2016年10月)
・地域保健関係者研修会/歯科口腔保健推進講習会(奈良県郡山保健所主催)講師(2018年9月)
その他 -

職務上の実績に関する事項

資格、免許
・歯科医師免許
・国立公衆衛生院公衆衛生特論課程修了
・国立保健医療科学院【専門課程I】保健福祉行政管理分野-分割前期(基礎)修了(保健所長資格取得)
特許等 -
実務の経験を有する者についての特記事項
・厚生労働省歯科専門職の資質向上検討会 歯科技工士ワーキンググループ委員(2012年12月~2014年2月)
・地域保健総合推進事業「新興再興感染症危機管理支援事業」院内感染対策連携研究班会議班員(2015年度)
・豊能保健医療協議会委員(2012~2015年度)
・南河内保健医療協議会歯科保健懇話会委員(2016~2017年度)
・北播磨圏域高校生の歯の健康意識普及啓発ワーキング委員(2016~2018年度)
その他 -

学生へのメッセージ

養護教諭は、保健室に来る子どもたちへの適切な処置などをする「保健室の先生」と理解されていますが、「学校全体の健康課題」を意識し、解決することも重要な仕事です。
しかし、「保健室を訪れる子どもたちの健康課題」と「学校全体の健康課題」とは必ずしも一致するとは限りません。養護教諭は「学校全体の健康課題」を的確に把握する「公衆衛生学的能力」と、学内のみならず学外の自治会、診療所、役所、保健所などの人々とも連携を取り、「組織的」に課題解決する「コーディネート力」が求められています。
子どもたち、保護者との信頼関係を基本に、幅広い視点で子どもたちの豊かな成長に貢献できる養護教諭を目指して、一緒に頑張りましょう。

教員一覧へ戻る

スペシャルコンテンツ

SPECIAL

- KANSAI WOMEN'S COLLEGE -
(学校法人 玉手山学園)

〒582-0026 大阪府柏原市旭ケ丘3丁目11-1

072-977-6561