学科紹介 faculty

関西女子短期大学HOME  >  学科紹介  >  保育学科  >  教員紹介  >  渡邊 由美子

渡邊 由美子

教員詳細

名前 渡邊 由美子(わたなべ ゆみこ)
職名 教授
最終学歴 大阪音楽大学大学院(1980年修了)
学位 芸術修士
担当科目 保育内容演習(音楽表現)・(総合表現)、幼児音楽Ⅰ・Ⅱ、こども音楽療育実習、基礎演習Ⅰ・Ⅱ、研究演習Ⅰ・Ⅱ、ポピュラーコーラス
専門分野 声楽、子どもの音楽表現

[専門分野について]
「声楽」では、18世紀の歌曲を中心に、当時の唱法や古楽器とのアンサンブルを研究し、演奏しています。
「子どもの音楽表現」では、乳幼児期の子どもの歌唱行動や表現遊びを研究し、実際に子どもたちと遊びながら、保育の現場で保育者が整えるべき音楽環境を思索しています。
教育・研究実績 ・18世紀のオラトリオ、カンタータの演奏と研究日本テレマン協会主催「ヘンデル・オラトリオシリーズ」で「ソロモン(1995年9月:本邦初演)」「ヘラクレス」「陽気の人、ふさぎの人、温和の人」「デボラ」「アタライア」などの主役を務める。1997年11月に開催した「アルトリサイタル」(いずみホール)にて大阪文化祭本賞を受賞。

・芸術分野の発表(直近)
2014年9月:オーケストラ・ノインテ第20回定期演奏会 ベートヴェン作曲「第9交響曲」アルト・ソロ(伊丹ホール) 
2015年2月:鶴見ロータリークラブ・コンサート「渡邊由美子による バロックをほんのすこし」(大阪帝国ホテル牡丹の間)
2015年8月:バッハ作曲「マタイ受難曲」芦屋混声合唱団・テレマン室内オーケストラと共演、アルト・ソロ(大阪市いずみホール)
2015年9月:「トワイライト・コンサート」紀之定淳規氏・岩城智由理氏と共演(大阪府立弥生文化博物館)
2015年9月:ベートーヴェン作曲「第9交響曲」アルト・ソロ(芦屋市ルナ・ホール)
2015年9月:鶴見区生涯学習ルーム「女声合唱団クリスタル・エコー定期演奏会」指揮(鶴見区民会館小ホール)
2016年5月:モーツアルト作曲「レクイエム」アルト・ソロ、千里バッハ合唱団・オーケストラと共演(吹田メイシアター大ホール)
2016年12月:ヘンデル作曲「メサイヤ」アルト・ソロ、神戸栄光教会聖歌隊・オーケストラと共演(神戸栄光教会)

教育上の能力に関する事項

教育方法の実践例 保育フェスタ「定期演奏会」への出演
作成した教科書、教材  
実務の経験を有する者についての特記事項
・柏原市子育て支援「ハッピーコンサート(音楽と遊びの講座)」 
・貝塚市公立幼稚園教諭研修会「表現遊びを通して豊かな保育を」教員免許更新講習講師 2009年~
その他
・鶴見区鶴見南小学校PTAコーラス女性合唱団「クリスタル・エコー」指導
・柏原市市民劇場委員

職務上の実績に関する事項

資格、免許
・中学校教諭1種免許状(音楽)
・高等学校教諭1種免許状(音楽)
特許等 -
実務の経験を有する者についての特記事項
-
その他
-

学生へのメッセージ

公立小学校、私立男子中学、私立女子高校を経て本保育学科に勤務しました。保育をより豊かにする音楽と遊びの世界を研究・教育しています。「保育」は奥深い学問分野であり、子どもたちと過ごす時間は何よりの宝物です。「子どもが好き」から始まるあなたの未来を、保育学科の教職員がしっかりサポートします。
余談ですが、私はアルト歌手としてもときどきステージに立ちますので、ぜひ聴きにきてください。

教員一覧へ戻る

Special Contents スペシャルコンテンツ

  • 社会人入学を目指す方へ
  • 医療秘書学科が選ばれる魅力
  • 奨学金について
  • キャンパスマップ
  • 取得できる資格一覧
  • 関女WEBクラブ
  • 関女の秘密
  • 関女技能オリンピック