学科紹介 faculty

関西女子短期大学HOME  >  学科紹介  >  保育学科  >  教員紹介  >  太田 顕子

太田 顕子

教員詳細

名前 太田 顕子(おおた あきこ)
職名 准教授
最終学歴 兵庫教育大学大学院 学校教育研究科(2010年修了)
学位 教育学修士
担当科目 保育内容演習(言葉)、幼児理解と教育相談、教育実習(事前事後指導及び人権教育を含む)、保育・教職実践演習(幼稚園)、基礎演習Ⅰ・Ⅱ、研究演習Ⅰ・Ⅱ、特別支援教育論
専門分野 幼児教育・子育て支援

[専門分野について]
家庭における子育て力の低下が指摘されている近年、幼稚園や保育所等に対し、子育て支援の役割が求められている。実際に保育者として子どもの発達をどのように見つめ、子どもを育てる家族をどう支えていくことが子育て支援に繋がるのか、その在り方について研究しています。
教育・研究実績 【論文】
・発達障害のある幼児児童を育てる母親のソーシャルサポートに対する認識 -家族,仲間及び専門機関からの支援に注目して- (単著)平成22年3月 「幼年児童教育研究」 第22号
・発達障害のある幼児児童及びその家族に対する支援の有効性の検討 -母親の育児ストレスと主観的幸福感に注目して- (単著) 平成22年3月修士論文(兵庫教育大学大学院学校教育研究科)
・N市児童館における相談支援の実際 -家族支援の視点から- (単著) 平成24年3月 「幼年児童教育研究」第24号
・関西女子短期大学の教育に関するステークホルダー調査I(共著) 平成25年9月「関西女子短期大学研究紀要」第23号
・発達障害のある幼児児童を育てる家族への支援ニーズに関する研究 -母親の悩みと必要なサポートの自由記述を手がかりにして- (単著) 平成26年3月 「幼年児童教育研究」第26号
・関西女子短期大学の教育に関するステークホルダー調査II(共著) 平成26年11月「関西女子短期大学研究紀要」第24号

【学会発表】
・N市における相談支援の実際(単独) 平成24年5月 日本保育学会第63回大会
・発達障害のある幼児児童を育てる母親への相談支援の実際 (単独) 平成25年5月 日本保育学会第64回大会
・養成校造形作品展における一考察 (共同) 平成25年5月 日本保育学会第64回大会
・発達障害のある幼児児童を育てる母親を対象とした子育て支援プログラムの検討(単著) 平成26年5月 日本保育学会第65回大会
・養成校造形作品展における他者評価の試み(共同) 平成26年5月 日本保育学会第65回大会

教育上の能力に関する事項

作成した教科書、教材
・「学び,考え,実践力をつける家庭支援論」保育出版社 共著 平成26年3月
・「保育と家庭支援論」学文社 共著 平成26年12月
・「現代の保育と家庭支援論」学文社 共著 平成27年9月

職務上の実績に関する事項

資格、免許 幼稚園二種普通免許状

学生へのメッセージ

幼稚園での勤務の後、子育て支援を中心とした研究に取り組んできました。私が感じてきた保育の楽しさ、面白さをこれから保育者を目指す皆さんに伝えていきたいと思っています。

教員一覧へ戻る

Special Contents スペシャルコンテンツ

  • 社会人入学を目指す方へ
  • 医療秘書学科が選ばれる魅力
  • 奨学金について
  • キャンパスマップ
  • 取得できる資格一覧
  • 関女WEBクラブ
  • 関女の秘密
  • 関女技能オリンピック